質問:
雇用主は、仕事をしていないときに作成された知的財産の所有権を主張できますか?
user17600
2018-04-18 13:25:23 UTC
view on stackexchange narkive permalink

雇用契約では、従業員が雇用中に作成したすべての知的財産は、勤務時間外に行われたかどうかに関係なく、会社に属するという条項があると聞いています。

したがって、たとえば、コンピュータープログラマーが月曜日から金曜日まで働いているが、週末に(会社のリソースを使用せずに)アプリを開発した場合、会社はその所有権を主張できます。そのような条項は強制力がありますか?それが仕事に関係しているのかどうか、たとえばプログラマーが有名になった絵を描いたとしても、会社はまだ所有権を主張できるのでしょうか?

そのような条項の名前は何ですか?

強制力はありません。従業員として、あなたはあなたの知性が生み出すすべてではなく、あなたの時間/努力の特定の部分を売ります。
関連:https://law.stackexchange.com/q/24843
法律に大きく依存する@Greendrake:(質問には国タグがありません)。例えば。ドイツでは、法的なデフォルトはすでに説明されている条項とほとんど同じです(雇用主が関心を持っている/雇用主の活動に関連するIPにのみ適用されるという区別があります-完全に無関係なIPは影響を受けません。しかし、範囲はかなり広いです。時間や場所はカウントされません)
1 回答:
cHao
2018-04-20 01:58:32 UTC
view on stackexchange narkive permalink

このような条項は、条項の意図と文言に一部依存して、「著作権の譲渡」、「発明の譲渡」、および/または「職務著作権」条項と呼ばれます。これらは、ソフトウェア開発の雇用契約や一部のクリエイティブなポジションではかなり一般的です。

率直に言って、少なくとも米国では、この条項は実際にはあまり効果がありません。著作権法は、作成された作品の概念をすでに認識しています。職務著作権(雇用主に属する)であり、それをはるかに超える主張は、明らかに会社の事業に関連していない場合、拒否されることがよくあります。

そうは言っても、架空のプログラマーの絵は、描写されていない限り安全です。たとえば、CEOからのメールの内容。 :)条項が技術的に雇用主に所有権を主張する権利を与えている場合でも、雇用主はそうすることに正当な利益はありません。

同様に、仕事以外で作成されたアプリは、会社のリソースを使用せずに作成されている限り安全です。雇用主のビジネスとは無関係です。

アプリが明らかに関連している場合は 、そこで問題が発生します。



このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 3.0ライセンスに感謝します。
Loading...